イタリア・トリエステから、スロベニアを渡って、クロアチアに入国。
オパティアは、『アドリア海のニース』と呼ばれるリゾート地で、
19世紀の頃にはすでに、オーストリア貴族などによって別荘が建てられ、
避寒地として発展した町です。
現在、これらの別荘はホテルに改装されています。
Siamo partiti da Trieste-Italia, passati dalla Slovenia, entrati in Croazia.
Opatija è un posto turistico, è chiamata "la Nizza dell'Adriatico",
già nel XIX secolo i nobili austro-ungarici vi hanno costruito le bellissime
ville e vi trascorrevano gli inverni.
Oggi queste ville sono trasformate in alberghi.


海岸はコンクリートで埋め立てられています。ちょっとプールっぽい?!
La spiaggia è di cemento. Sembra una piscina?!



オパティアから少し北へ行ったところにある、ヴォロスコ(volosko)という猟師の町。
Volosko, piccolo borgo di pescatori, vicino Opatija.



ヴォロスコからオパティヤを経て、ロヴランに至る約12KMの海岸遊歩道。
Il "lungo mare" si estende per 12 km
che parte da Volosko per Opatija fino a Lovran.

0 Comments:

Post a Comment