昨日の早朝のことです。

ベッドで寝ていると、どこからか日本語で叫んでる声が聞こえてきました。
「寝ぼけているのかな~???」と思いつつ、耳を傾けると、

「おーい。おーい。助けてー。助けてー。おーい。S.O.S.!!!」

びっくりして飛び起き、旦那を叩き起こしました。
ひたすら日本語で助けを求めていたので、きっと観光者だと思いました。
女性の声でした。
何か事件にでも巻き込まれたのかと、ハラハラしつつ、
あわてて外へ出て、声の主がどこにいるのか探しました。

彼女は私達の家の向かいの建物にいました。
なんと、エントランスドアとその外側に設置された門扉の間に
閉じ込められてしまっていたのです。
当の本人は大パニックに陥っていましたが、
取り合えず事件性はないようなので、ほっとしました。

こちらの建物のエントランスドアは
自動ロックがかかるようになっていることがほとんどです。
彼女が帰国の途につこうと、エントランスで扉を開けるボタンを押して
一つ目のドアを出たまでは良かったのですが、
二つ目の扉を開ける前にスーツケースを運んだり(扉の間には数段の階段がありました)
いろいろとやっている間に時間が過ぎてしまったようで、
再び二つの扉は閉まってしまったらしいのです。
外に出ることも中に戻ってもう一度ボタンを押すことも出来ず、
閉じ込められてしまったわけです。

8月のミラノ、しかも早朝ともなれば、人通りもなく閑散としています。
その建物の住民もヴァカンスに出掛けていたり、
たとえ在宅だとしても、知らない言語(日本語)で叫ばれても、
助けを求めているとは思わなかったのかもしれませんし、
寝ていて全く気付かなかったのかもしれません。(私達も本来なら爆睡している時間)
しかも彼女が泊まっていたのはB&Bの離れのアパートだったので、
そこにはB&Bの関係者すらいませんでした。

結局、彼女が前もって依頼しておいたタクシーの運転手と私達が駆け付け、
旦那が宿泊予約の控えから電話番号を見つけてB&Bに連絡し、
合鍵で扉を開けてもらうことで、一件落着。
(確認はしていませんが、彼女はややご年配の方で、相当パニック状態だったので、自分で電話をするということは不可能だったかと…)

それにしても朝っぱらから本当にびっくりさせられました。
みなさんも海外旅行などの際は、日本とは勝手が違うことも多々ありますので、
どうぞお気をつけくださいね。



私用で1週間ちょっと日本へ帰ることになりました。
今回はパートナーのG氏も一緒。
彼との日本旅行はそのまま建築見学ツアーと化すのが、通例。
まぁ、日本に限らず、どこへ行ってもそんな感じですが…。
早速、今回観に行きたい建築をピックアップしているので、ちらっと紹介します。
G氏は前回の訪日から数年経っているので、
全てが「最新建築!!!」と言うわけではありませんが、
どれもとてもユニークな建築ばかりで、さすが東京って感じです。
題して、
『東京で観たい建築10, 2014』(建築家敬称略)

Torno in Giappone per poco più di una settimana.
Stavolta viene anche Sig. G, mio partner.
Come al solito il viaggio con lui per Giappone forse diventa "tour architettura".
Beh, non è limitato al Giappone, ovunque andiamo...
Sta raccogliendo le architetture da vedere,
consiglierei anche a voi di vedere se avete occasione.
Ecco,
"10 architetture da vedere a Tokyo 2014"


01. 芝浦のオフィス / Shibaura House 
(妹島 和世) 2011
http://www.domusweb.it/ (画像はdomusより)



02. Garden and House
(西沢 立衛) 2011
http://www.domusweb.it/ (画像はdomusより)


03. House NA 
(藤本 壮介) 2011
http://www.domusweb.it/ (画像はdomusより)


04. Tokyo Apartment 
(藤本 壮介) 2010
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)
…送電線が邪魔すぎ。


05. 浅草文化観光センター / asakusa Culture Tourist Information Center
(隈 研吾) 2012
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)



06-1. 巣鴨信用金庫 常盤台支店 / sugamo shinkin bank - tokiwadai
(エマニュエル・ムホー) 2010
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


06-2. 巣鴨信用金庫 志村支店 / sugamo shinkin bank - shimura 
(エマニュエル・ムホー) 2011
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


06-3. 巣鴨信用金庫 江古田支店 / sugamo shinkin bank - ekoda
(エマニュエル・ムホー) 2012
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


07. コーチ表参道店 / coach omotesando
(OMA) 2013
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


08. Dear Ginza 
(天野 善啓) 2013
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


09. サンウェルミューズ北参道 / sunwell muse kitasando
(玉上 貴人) 2008
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)


10. 24 Issei Miyake 
(Nendo) 2010
http://www.dezeen.com/ (画像はdezeenより)



【番外 / extra】
川崎市立日本民家園 / nihon minka-en
http://www.nihonminkaen.jp/ (画像はwikipediaより)
『東京』ではなく『川崎』ですが、そこそこ近いのでお許しを…。
「古い民家を見学したいけど首都圏を離れる時間の余裕はない」
ということで、今回選んだのがココです。
実は私もまだ行ったことがありません。
ひと昔前の日本にタイムスリップしたような雰囲気。
建築に興味のない人や外国人観光客にもオススメできるスポットではないでしょうか。
"nihon minka-en" non è a Tokyo ma Kawasaki, comunque è abbastanza vicino a Tokyo.
Consiglierei questo posto a chi vuole vedere le vecchie case giapponese (minka) ma non ha tanto tempo di andare i posti lontani da Tokyo, anche se non sono mai stata ancora :P
Credo che sia un posto molto interessante per tutti, per turisti stranieri e anche per chi non è interessato all'architettura.


三鷹天命反転住宅 / reversible destiny lofts mitaka
(荒川修作+マドリン・ギンズ) 2005
http://www.rdloftsmitaka.com/ (画像は三鷹天命反転住宅より)
こんなにキッチュで実験的な住宅は、他では見られないのでは??!
Un appartamento così kitsch e sperimentale,
non può esistere in altro posto??!


と、今のところ見学候補にあがっているのは、こんな感じです。
時間があまりないので、全部は観て廻れないかとは思いますが、
ピックアップしてるだけでも、結構楽しかったり…。
「これは観ておいて!」という、
みなさんのオススメ建築があったら、ぜひぜひ教えてください!!!
Purtroppo non abbiamo tanto tempo,
non possiamo vedere tutti edifici e/o interni.
Ma ci divertiamo anche solo raccogliere le architetture interessanti...
Mandateci i messaggi se sapete di altri edifici da vedere intorno a Tokyo!!!


毎度、お久しぶりです。
今回はgk architetti のお仕事の話です。

夏が来る前の話になりますが、
私達が手がけた住宅リフォーム『Casa DP2』が完成しました。
相変わらずバタバタしていて、まだ自分たちのサイトにもUPしておりませんが、
一足先にこちらでお披露目させていだたきます。
versione italiano >>

左図の
上がリフォーム前、下がリフォーム後。

無駄に広かった玄関ホールを
有効利用すべく、
あれやこれやと考えて出した、
私達なりの回答です。

お施主さんにも大変喜んでもらえて、
それがやっぱり一番嬉しいです♪

オフィチナリ・ディ・モンタウト(Officinali di Montauto)は、トスカーナ地方で栽培した完全無農薬、天然素材にこだわった基礎化粧品や、はちみつ、オリーブオイル、ハーブティーなどを販売しているオーガニックライフスタイルブランドです。
日本にも表参道にお店があるそうで、オーガニックコスメに詳しい方は私よりもずっとよくご存知なはず。
と言うのも、私がこのお店のことを知ったのは去年のことなんです。

ミラノのお店に併設してオーガニック食材を使った軽食も出来るバール(bar)をオープンすることとなり、実はウチ(gk architetti)のGorelli氏もその設計に参加していて、私もちょこっとお手伝いをしたりしていました。
そんな訳で、コスメに疎い私もこのお店の存在を知るに至ったのです。
余談ですが、イタリア国内では日本の販売価格の1/2~1/3程度のお値段で購入することが出来てかなりお買い得。
ちなみに私は化粧水を愛用中。香りがよくて、さっぱり系で、気に入っています。

先日、5月16日にお店のオープニングパーティがあったので行ってきました。
自分たちが関わったお店のオープンは、感慨ひとしお。
スペースは決して広くはないんですが、その分アットホームな感じが
お店のコンセプトと合っているように思います。
入口を入ってすぐにガラスのカウンターがあって、ショーケースも兼ねています。
カウンターの上の照明は間に合わなかったので、仮のものを入れています。

奥行きの浅い棚には、自慢のオリーブオイル。

オーガニックフード&ワインを、もぐもぐ、ごくごく。

人がいっぱいで、身動き取れない店内…。本来はテーブル席のスペース。
中庭に面して窓があって、隠れ家っぽいのに実は開放的。

Officinali di Montauto
Corso Magenta, 12
20123 Milano
Tel: +39 02 89050915 Fax: +39 02 36522069
http://www.officinalidimontauto.it/
http://www.officinalidimontauto.jp/(日本語サイト)

早いもので、もうそんな時期なのですね。
ウチにもボチボチと展示の招待状や案内が届いています。
今年もあちこちでFuoriSaloneが開催されるようで
地図を見ながらその途方もない数にクラクラしています。
みなさんのオススメがあったら、ぜひ教えてください。
期間は4月9日から14日です。
いいお天気だといいなぁー。

その前に、今週末はパスクア(イースター)ですね。
雨や寒い曇り空ばかりのミラノですが、
夏時間にもなるんだし、パスクアだし、
もうそろそろ温かくなってもいいんじゃない?

Sta arrivando già il periodo del salone del mobile.
Mamma mia, il tempo passa veloce...
Comincia a arrivare qualche invito anche a noi.
Sto guardando la mappa, ci sono tantissimi esposizioni anche questo anno,
mi fa girare la testa. (per me troppi!!!)
Se ci sono gli esposizioni interessanti e/o speciali fatemi sapere ;)
Si terrà dal 9 al 14 aprile.
Spero che sia bel tempo (come mai sempre piove???)

A proposito questo weekend è Pasqua.
Poi torna l'ora legale.
Ma qua quando arriverà la primavera?
Basta la pioggia e le nuvole grigie!!!
Comunque... Buona Pasqua a TUTTI !!!