投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

terre fragili

イメージ
11月24日からスッザーラ Suzzara(Mantova) という町で『Terre Fragili』が開催されています。
3つの地震の被災地、東北地方、ラクイラ、そしてこのスッザーラを含むオルトレポー・マントバーノ Oltrepò Mantovano の様子を写真展示し、これに合わせて折り紙のワークショップやコンサート、講演会などのイベントが行われています。

私達、gk architetti も参加することになりました。
地震が多いわりに対策があまり進んでないイタリアなのですが、スッザーラの役所の方から
「ぜひ地震国日本の耐震建築や防災方法などを教えて欲しい」と、知人を通じて依頼があったので、喜んでお受けすることにしました。
日本についてお話するので、イタリアの歴史ある組積造の耐震補強に直接役立つ話ではないのですが、地震に対する考え方とか避難の予備知識など、なにかの参考になるといいなと思っています。

イタリアにも耐震建築に関する法律があるのですが
76年に震災に遭った北部のフリウリ・ベネチア・ジュリア州では耐震建築がブームのように広がったが、中部や南部では新築でも1~3割ほど と言われています。
でもイタリアもここ数年大きめの地震も続いているので、
みんなにもっと関心を持ってもらえたらな、と思っています。

12月16日(日) 10:30~
"Architettura e sisma" l'esperienza del Giappone
Carlo Andrea Gorelli e Keiko Kondo architetti
Biblioteca Comunale Suzzara
viale Zonta 6/A, 46029 Suzzara (Mantova)



Dal 24 Novembre, la mostra e gli eventi dal titolo "Terre Fragili" si tengono a Suzzara.
La mostra fotografica mette a confronto 3 territori colpiti dal terremoto:
la regione di Tohoku (Giappone), la città dell’Aquila, e il territori…